税理士へ相談する利点

会社設立を行うときに、税理士へ相談するのはとてもメリットがあります。どのようなメリットがあるのかというと、会社設立を行うときに助けてくれることは当然なのですが、設立後にもいろいろと助けてもらうことができるのです。例えば確定申告を行う場合にもいろいろとアドバイスをしてもらえますし、税務調査などが入ったときにも助けてもらうことができるでしょう。

確定申告というのは、個人と法人では異なる面があるのですが、個人の場合には税務署の職員が教えてくれるので、これだけでも十分完了させることができます。しかし、法人の場合にはかなり複雑になっているのが一般的なので、税務署の職員では指導することができません。そこで税理士に依頼しておけば、税務申告もスムーズに行うことができるでしょう。これは相当なメリットがあると言えます。

また、急激に売り上げが伸びたときなどは、税務調査が入ることがあります。この場合にも税理士に助けてもらえるのです。さらに役員報酬の取り決めなども行ってもらえるので、法人として会社設立を行う場合には、税理士に依頼しないと厳しいと言っても過言ではありません。税務に関する相談なども随時受け付けているので、専属契約をする会社もたくさんあります。

参照 – https://www.adiretax.jp
会社設立後の税務顧問契約セットがあるアディーレ法律事務所です。

顧問契約の相談

会社設立相談を行う場合には、専属契約を行うこともあるでしょう。専属契約をするということは、契約している税理士や、会社側から契約を打ち切ると言わない限り、半永久的に同じ税理士が経理などを担当することになります。そのため、より信頼関係が必要になるでしょう。通常起業する場合には、事業計画書が必要になるのですが、初めての場合にはわからないことだらけです。

どのように作成すればよいのかも分からないという人が多いのですが、この事業計画書の作成時に相談をするべき専門家が税理士となっているのです。よって事業計画書の作成段階で、どの税理士に依頼するのかを決めておかなければいけません。もちろん事業計画書の作成について相談をしたからと言って、必ず専属契約をしなければいけないというわけではありません。

しかし、事業計画書の作成を手伝ってもらうということは、当然会社の内情も知られてしまうことになります。会社によっては守秘義務をかなり厳しくしなければいけないことが多いので、やはり専属契約をすることが多いのです。しかも専属契約をすれば、いろいろなメリットがありますし、万が一というときにすぐ対応してもらうこともできます。よって税理士選びは会社設立時にきちんと行わなければいけません。

会社設立と税理士

会社設立を行う場合、個人であれば自分1人のみや家族のみであっても設立することは可能ですし、専門家に頼らずに営業をしていくことも不可能ではありません。しかし、法人となるとそうはいかないでしょう。やはり万が一のときを考えて、専門家の力を借りるようになります。法人の場合には、通常青色申告を行うのですが、青色申告にも簡易簿記と複式簿記が存在しています。通常法人は複式簿記を用いて、最大65万円の控除を行うことが多いでしょう。

そのためには専門的な知識が必要になってきますし、儲けが大きくなってくれば、確定申告などもかなり複雑になってしまうのです。そんなときに助けてくれるのが税理士なのですが、ある程度の規模に成長すれば、専任の税理士契約をすることも多いでしょう。そのためにはより信頼できる税理士に依頼することで会社設立もうまくいく可能性が高くなるのです。設立を行うときにもきちんと相談をしておくようになるのですが、当然お金がある程度必要になります。

まずは会社設立時に必要となる税理士費用の相場を調べておきましょう。そうすることでより良心的な税理士を選べるようになるのです。もちろん料金が安く済めばよいというわけではありませんが、一般の人は会社設立時にはあまり資金がないのが普通でしょう。よってできる限り利用する料金を抑える必要があるのです。当サイトでは会社設立時に必要不可欠である税理士への相談や契約などについていろいろと紹介させていただきます。